コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河崎延貞 かわさき のぶさだ

美術人名辞典の解説

河崎延貞

神職。伊勢外宮権称宜。姓慶会。通称平作・半右衛門。号三余堂・清窩。正四位下。資性度量の人で幼きより書を能くし、古典神学の造詣深く著書数種ある。神宮のために努力をした。宝永6年(1709)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河崎延貞 かわさき-のぶさだ

1634-1709 江戸時代前期-中期の神職。
寛永11年8月1日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の人。寛永20年伊勢神宮外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)となる。書を三章軒にまなぶ。古学をおさめ,書物を収集。江戸で医学をまなび,帰郷後,神宮医をつとめる。斎館式を撰定,神拝式をさだめ,古儀復興につくした。宝永6年10月23日死去。76歳。通称は半左衛門,図書など。号は清窩,三余堂。著作に「神境紀談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

河崎延貞 (かわさきのぶさだ)

生年月日:1634年8月1日
江戸時代前期の国学者、伊勢の祠官
1709年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

河崎延貞の関連キーワード久志本常彰生年月日度会常彰国学者神職

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android