コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河本公輔 かわもと きんすけ

美術人名辞典の解説

河本公輔

国学者。岡山の人。京師に出て加茂雲錦について詠歌を修め終に一家をなす。又本居大平翁につき古学を受けるもの多し、天保3年(1832)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河本公輔 かわもと-きんすけ

1775-1832 江戸時代後期の国学者,歌人。
安永4年生まれ。備前岡山の豪商河本立軒の長男。学問をこころざして家督を弟にゆずり,京都で賀茂季鷹(すえたか)に歌学を,本居大平(おおひら)に国学をまなぶ。京都にすみ,門人には公卿(くぎょう)がおおかった。天保(てんぽう)3年6月18日死去。58歳。字(あざな)は会。通称は文太郎。号は子洲,可々楼。著作に「名字弁」「竹取物語管見」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河本公輔

没年:天保3.6.18(1832.7.15)
生年:安永4(1775)
江戸中期の国学者,歌人。姓三宅,名会,通称文太郎。号子洲。河本儼の子として備前岡山で生まれる。賀茂季鷹に和歌を学び,本居大平に国学を学ぶ。主たる活動は京都において行われた。『竹取物語管見』『名字弁』などが主著。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android