コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村正彦 かわむら まさひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村正彦 かわむら-まさひこ

1868-1924 明治-大正時代の軍人。
慶応4年5月6日生まれ。ドイツ大使館付武官をへて第一次大戦時はオランダ駐在武官をつとめる。大正7年陸軍中将。10年第十三師団長。大正13年3月18日死去。57歳。長門(ながと)(山口県)出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河村正彦

没年:大正13.3.18(1924)
生年:慶応4.5.6(1868.6.25)
明治大正期の陸軍軍人長州(萩)藩士のち陸軍1等軍吏河村五一の子。明治22(1889)年陸軍士官学校,30年陸軍大学校卒。33年から3年間ドイツで軍政を学ぶ。大正2(1913)年ドイツ大使館付となり,第1次世界大戦の開始によりオランダで観戦武官。7年中将,歩兵学校長。のち第13師団長。社交的で,乃木希典に好まれたという。

(鈴木淳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

河村正彦の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android