コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村秀世 かわむら ひでよ

美術人名辞典の解説

河村秀世

徳川中期の国学者。尾張の人。業を吉見幸和の門に学び、冷泉家について和道を受けた。子秀穎、秀根ら倶に国学者として名をなし、河村氏一門の家学隆盛を極めた。明和8年(1771)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村秀世 かわむら-ひでよ

1695-1771 江戸時代中期の武士,国学者。
元禄(げんろく)8年4月1日生まれ。河村秀穎(ひでかい),河村秀根の父。尾張(おわり)名古屋藩士。6代藩主徳川継友,7代宗春,8代宗勝につかえ,馬廻小頭,近姫(宗春の養女)の守役などをつとめる。吉見幸和に神道を,冷泉為村に和歌をまなんだ。明和8年8月5日死去。77歳。初名は長益。字(あざな)は子玉。通称は藤太夫。号は玉翁

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android