コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村秀世 かわむら ひでよ

2件 の用語解説(河村秀世の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河村秀世

徳川中期の国学者。尾張の人。業を吉見幸和の門に学び、冷泉家について和道を受けた。子秀穎、秀根ら倶に国学者として名をなし、河村氏一門の家学隆盛を極めた。明和8年(1771)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村秀世 かわむら-ひでよ

1695-1771 江戸時代中期の武士,国学者。
元禄(げんろく)8年4月1日生まれ。河村秀穎(ひでかい),河村秀根の父。尾張(おわり)名古屋藩士。6代藩主徳川継友,7代宗春,8代宗勝につかえ,馬廻小頭,近姫(宗春の養女)の守役などをつとめる。吉見幸和に神道を,冷泉為村に和歌をまなんだ。明和8年8月5日死去。77歳。初名は長益。字(あざな)は子玉。通称は藤太夫。号は玉翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

河村秀世の関連キーワード安部一信稲垣正武川口頼母佐藤秀周佐野政親嶋正祥関又右衛門滝信彦土岐頼香武士八十氏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone