コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉為村 れいぜい ためむら

5件 の用語解説(冷泉為村の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

冷泉為村

江戸後期の公卿・歌人。為久の子。正二位大納言・民部卿に至る。冷泉家中興の歌人として、江戸時代の堂上歌壇に足跡を残す。また、小沢蘆庵屋代弘賢・慈延・涌蓮など多数の門人を擁した。明和7年落飾し、澄覚と号する。安永3年(1774)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れいぜい‐ためむら【冷泉為村】

[1712~1774]江戸中期の歌人。冷泉家中興の祖。霊元法皇から古今伝授を受けた。著「樵夫問答」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為村 れいぜい-ためむら

1712-1774 江戸時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
正徳(しょうとく)2年1月28日生まれ。冷泉為久(ためひさ)の子。上冷泉家。元文3年従三位。のち正二位,権(ごんの)大納言兼民部卿。享保(きょうほう)6年霊元上皇より古今(こきん)伝授をうける。冷泉家中興の祖とされ,石野広通ら江戸の武家方をはじめ,小沢蘆庵(ろあん)ら多数の門人があった。安永3年7月29日死去。63歳。法名は澄覚。歌集に「冷泉為村卿家集」,歌論書に「樵夫問答」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

冷泉為村

没年:安永3.7.28(1774.9.3)
生年:正徳2.1.28(1712.3.5)
江戸中期の歌人。29日没説は発喪の日による。前権大納言為久の子。元文3(1738)年従三位。延享1(1744)年参議。宝暦9(1759)年には正二位権大納言にして民部卿を兼ねる。祖父為綱・父為久の努力によって冷泉家が宮廷歌壇における地位を固めた時期に生まれ,天賦の才をもって次第に宮廷歌会に重きをなすようになる。実質的なデビューは享保6(1721)年の玉津島法楽月次御会で,10歳だった。12歳で霊元上皇の勅点を受け,同14年には宮廷歌会のほとんどに出詠する常連へと成長,早熟ぶりを示す。為久のほか,烏丸光栄中院通躬らの指導を受け,彼らの死後は宮廷歌壇の第一人者として名声を得る。冷泉家が為綱以来幕府との関係強化に努めたのを受けて,関東の武家歌人を多く門弟として擁し,添削の精緻と巧みな指導で一門は急速に拡大した。門人一人ひとりの個性を見きわめたうえで,彼らの詠作意欲をかき立てるような批評を織り込むのに長じた。その点で子の為泰とは対照的であった。家集としては部類形式のものと雑纂形式のものが多く伝わる。歌論『樵夫問答』,聞書に宮部義正の『義正聞書』,萩原宗固の『冷泉宗匠家伺書』などがある。<参考文献>久保田啓一「冷泉家の人々」(『近世堂上和歌論集』)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れいぜいためむら【冷泉為村】

1712~1774) 江戸中期の歌人。冷泉家中興の祖。古今伝授を霊元法皇より受ける。著「樵夫問答」「為村卿和歌」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷泉為村の関連キーワード石橋直之武者小路実陰小野古風僧萬庵藤山惟熊祇園百合女大喪の礼発喪筑波子斜与子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone