河漢(読み)かかん

精選版 日本国語大辞典「河漢」の解説

か‐かん【河漢】

[1]
[一] 黄河漢水。黄水の流れが、まったく別系統のものであるところから、非常に区別のはっきりしているもののたとえにいうことがある。
※作詩志彀(1783)「凡そ于鱗調の詩は、上(かみ)の数首数聯の格調を主とし、初・盛と中・晩とを別つこと、河漢の如くすべし」 〔孟子‐滕文公・下〕
[二] あまのがわ銀河。天河。
※和漢朗詠(1018頃)上「三遅に先だってその花を吹けば 暁の星の河漢に転ずるがごとし〈紀長谷雄〉」 〔謝霊運‐七夕詠牛女詩〕
[2] 〘名〙 (形動) (「荘子‐逍遙遊」の「於接与。大而無当、往而不返。吾驚怖其言、猶河漢而無一レ也。大有逕庭、不人情焉」による語。天の川が天空はるかに果てしなく続いているところから) 人の言葉の、漠然としてとらえどころのないこと。また、そのさま。
※菅家文草(900頃)七・未旦求衣賦「詩云賦云、一文一字、不雲其興。不漢其詞

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「河漢」の解説

【河漢】かかん

黄河と漢水。また、天の川。〔荘子、逍遥遊〕吾(われ)其の言に怖す。ほ河の極(はて)無きがごときなり。大いに逕り、人からず。

字通「河」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の河漢の言及

【天の川】より

…銀河系宇宙の星の渦巻の縁辺が,天上を流れる川のように見えるための名。《万葉集》の七夕歌には〈天河,天漢〉の文字をあて,《和名抄》に〈天河,天漢,銀河,阿万之加八〉とあるのも,主として漢名を伝えたもので,古代中国では,天の川を漢水の気が天にのぼってなったと考え,〈銀漢〉または〈河漢〉とも呼んでいた。しかし,日本でもおそらく古くからこれを天上の川とみていたものであろう。…

※「河漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android