河豚汁(読み)ふぐじる

精選版 日本国語大辞典「河豚汁」の解説

ふぐ‐じる【河豚汁】

〘名〙 (古くは「ふくじる」とも)
① フグを椀種(わんだね)とした物。ふくとうじる。ふくとじる。鉄砲汁。《季・冬》 〔大草家料理書(16C中‐後か)〕
② 下等の遊女をいう。鉄砲女郎。
※常磐津・戻駕色相肩(戻駕)(1788)「はづかしながらふぐじるよ、ハアアてっぽうか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「河豚汁」の解説

ふぐ‐じる【河豚汁】

《古くは「ふくじる」とも》フグの肉を実にした味噌汁。鉄砲汁。ふくとじる。 冬》「―の我活きて居る寝覚哉/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例