河豚(読み)フグ

デジタル大辞泉「河豚」の解説

ふぐ【河豚/×鰒】

《「ふく」とも》フグ目フグ科の魚の総称。海産のものが多い。体はふつう太っていて腹びれがなく、体表にとげ状のうろこをもつものや、うろこのないものがある。口は小さく、歯は癒合してくちばし状を呈し、よく水を飲んで体を膨らませる。多くは内臓に毒をもつ。肉は淡白で美味。トラフグマフグキタマクラなど、日本近海に約40種が知られる。フグ目にはハコフグ科・ハリセンボン科なども含まれる。ふくべ。かとん。 冬》「―の面世上の人を白眼にらむ哉/蕪村
[類語]真河豚虎河豚

ふくべ【河豚】

フグの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「河豚」の解説

【河豚】かとん

ふぐ。軾〔恵崇の春江晩景、二首、一〕 竹外、桃三兩枝 春江、水かにして、鴨先づ知る (ろうかう)地に滿ち、(ろが)短し 正に是れ豚上らんと欲すの時

字通「河」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android