コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野教通 こうの のりみち

2件 の用語解説(河野教通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野教通 こうの-のりみち

?-1500 室町-戦国時代の武将。
河野通久の子。永享7年(1435)父の戦死後,伊予(いよ)(愛媛県)の守護をつぐ。その地位をめぐって分家の河野通春や管領(かんれい)細川勝元とあらそい,通春との抗争はながくつづいた。応仁の乱では西軍に属す。文明7年同族出身の一遍(いっぺん)の木像(松山市宝厳寺蔵)をつくらせた。明応9年1月20日死去。名はのち通直。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河野教通

没年:明応9.1.20(1500.2.19)
生年:生年不詳
室町時代の武将。通久の子。のち通直。刑部大輔。父の跡を継いで伊予国(愛媛県)の豪族河野氏の家督となる。同国の守護にも任じられたが,その他位を巡ってしばしば庶子家の通春や管領細川勝元と争い,領国支配は安定しなかった。応仁1(1467)年の応仁の乱に際して初めは態度をはっきりさせなかったが,のち勝元側の東軍に属し,西軍方の通春に対抗した。同族出身の一遍上人の像(松山市宝厳寺蔵)を作らせたり,大山祇神社(愛媛県大三島町)の法楽連歌に名を連ねたりする文化人でもあった。<参考文献>『愛媛県史古代Ⅱ・中世』

(山内譲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の河野教通の言及

【河野氏】より

…中世の伊予国(愛媛県)の豪族。古代の越智(おち)氏の流れをくむと伝えられる。風早郡河野郷(現,北条市)を根拠地とする。源平合戦時に,通清・通信父子が源氏方にくみして勢力をのばし,戦後は御家人の地位を得て伊予国最大の武士団に成長した。その支配領域は,風早郡を中心にして中東予に及んだ。承久の乱(1221)では通信が京方に味方し,所領所職の大半を失ったが,その子通久が鎌倉方についたのでかろうじて命脈を保った。…

※「河野教通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河野教通の関連キーワード足利義永河野通尭河野通継河野通直(1)河野通久(1)河野通久(2)河野通之(1)島津久豊(1)土岐頼忠長尾房景

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone