コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野教通 こうの のりみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野教通 こうの-のりみち

?-1500 室町-戦国時代の武将。
河野通久の子。永享7年(1435)父の戦死後,伊予(いよ)(愛媛県)の守護をつぐ。その地位をめぐって分家の河野通春管領(かんれい)細川勝元とあらそい,通春との抗争はながくつづいた。応仁の乱では西軍に属す。文明7年同族出身の一遍(いっぺん)の木像(松山市宝厳寺蔵)をつくらせた。明応9年1月20日死去。名はのち通直。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河野教通

没年:明応9.1.20(1500.2.19)
生年:生年不詳
室町時代の武将。通久の子。のち通直。刑部大輔。父の跡を継いで伊予国(愛媛県)の豪族河野氏の家督となる。同国の守護にも任じられたが,その他位を巡ってしばしば庶子家の通春や管領細川勝元と争い,領国支配は安定しなかった。応仁1(1467)年の応仁の乱に際して初めは態度をはっきりさせなかったが,のち勝元側の東軍に属し,西軍方の通春に対抗した。同族出身の一遍上人の像(松山市宝厳寺蔵)を作らせたり,大山祇神社(愛媛県大三島町)の法楽連歌に名を連ねたりする文化人でもあった。<参考文献>『愛媛県史古代Ⅱ・中世』

(山内譲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の河野教通の言及

【河野氏】より

…中世の伊予国(愛媛県)の豪族。古代の越智(おち)氏の流れをくむと伝えられる。風早郡河野郷(現,北条市)を根拠地とする。源平合戦時に,通清・通信父子が源氏方にくみして勢力をのばし,戦後は御家人の地位を得て伊予国最大の武士団に成長した。その支配領域は,風早郡を中心にして中東予に及んだ。承久の乱(1221)では通信が京方に味方し,所領所職の大半を失ったが,その子通久が鎌倉方についたのでかろうじて命脈を保った。…

※「河野教通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河野教通の関連キーワード戦国時代河野通久