コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通春 こうの みちはる

2件 の用語解説(河野通春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通春 こうの-みちはる

?-1482 室町時代の武将。
河野通之(みちゆき)の孫。伊予(いよ)(愛媛県)河野分家(予州家)をつぎ,宗家の教通(のりみち)と伊予の主導権や守護職をめぐり対立する。応仁の乱では京都にでて各地での戦闘にくわわる。帰郷後も教通との紛争がつづき,文明14年閏(うるう)7月14日湊山城で討ち死にした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河野通春

没年:文明14.閏7.14(1482.8.28)
生年:生年不詳
室町時代の武将。通元の子。伊予守の官途を名乗る。伊予国(愛媛県)の豪族河野氏の庶子家の出身で,惣領家の教通(通直)と家督および同国守護の地位を巡って激しく争った。初めは細川勝元と結ぶが,のちには大内氏の支援を得る。この同盟関係によって応仁1(1467)年の応仁の乱に際しては大内政弘と共に兵船を率いて上洛し,西軍方の戦況回復に貢献した。文明9(1477)年ごろ帰国。その後も教通との対立が続いたが,同14年伊予国湊山城(松山市)で死去。一時期守護の地位を得たものの,伊予一国支配の野望は果たされなかった。<参考文献>『愛媛県史古代Ⅱ・中世』

(山内譲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野通春の関連キーワード伊予札官途奉行足利義永菊池兼朝吉良俊氏河野通義河野通之(1)巨勢子邑治長尾房景仁木義員

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone