コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野裕子 かわの ゆうこ

1件 の用語解説(河野裕子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野裕子 かわの-ゆうこ

1946-2010 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和21年7月24日生まれ。昭和39年宮柊二(しゅうじ)の「コスモス」にはいり,のち「幻想派」に参加。44年「桜花の記憶」で角川短歌賞。52年「ひるがほ」で現代歌人協会賞,56年「桜森」で現代短歌女流賞。平成2年より毎日歌壇選者。9年「耳掻き」で短歌研究賞。独自の相聞歌群に定評がある。平成元年夫永田和宏が編集する「塔」にうつった。20年歌会始の選者となる。21年「母系」で斎藤茂吉短歌文学賞,迢空(ちょうくう)賞。平成22年8月12日死去。64歳。熊本県出身。京都女子大卒。歌集に「体力」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野裕子の関連キーワード愛知県の要覧秋田県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大阪府の要覧香川県の要覧京都府の要覧岐阜県の要覧群馬県の要覧高知県の要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野裕子の関連情報