コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通之(2) こうの みちゆき

1件 の用語解説(河野通之(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通之(2) こうの-みちゆき

1842-1916 明治-大正時代の漢学者。
天保(てんぽう)13年生まれ。河野杏庵(きょうあん)の子。岡鹿門(ろくもん)に師事。陸奥(むつ)仙台藩医学館の助教となる。維新後陸軍省にはいり,明治7年鹿門と漢訳書「米利堅(メリケン)志」を刊行。藤野海南(かいなん)の漢詩文作家団体の旧雨社(きゅううしゃ)に参加した。大正5年死去。75歳。仙台出身。字(あざな)は子明。通称は宋賢。号は荃汀。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野通之(2)の関連キーワード紀行文学植物病理学アロー号ブロッホ歴史小説柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone