コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通之(2) こうの みちゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通之(2) こうの-みちゆき

1842-1916 明治-大正時代の漢学者。
天保(てんぽう)13年生まれ。河野杏庵(きょうあん)の子。岡鹿門(ろくもん)に師事。陸奥(むつ)仙台藩医学館の助教となる。維新後陸軍省にはいり,明治7年鹿門と漢訳書「米利堅(メリケン)志」を刊行。藤野海南(かいなん)の漢詩文作家団体の旧雨社(きゅううしゃ)に参加した。大正5年死去。75歳。仙台出身。字(あざな)は子明。通称は宋賢。号は荃汀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野通之(2)の関連キーワード大正時代漢学者

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android