コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡鹿門 おか ろくもん

2件 の用語解説(岡鹿門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡鹿門 おか-ろくもん

1833-1914 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)4年11月2日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)で安積艮斎(あさか-ごんさい)らに師事。文久元年大坂で松本奎堂(けいどう),松林飯山と双松岡塾をひらく。のち帰郷して陸奥(むつ)仙台藩校養賢堂の指南役となる。戊辰(ぼしん)戦争では尊王論をとなえ,奥羽越列藩同盟に反対し入獄。維新後は修史館協修,東京図書館長などを歴任。大正3年2月28日死去。82歳。名は千仞。字(あざな)は振衣。通称は啓輔。著作に「尊攘紀事」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡鹿門

没年:大正3.2.28(1914)
生年:天保4.11.2(1833.12.12)
幕末明治時代の儒学者。名は千仭,字は振衣,通称啓輔,鹿門は号。仙台藩士の父義治,母ミチの5男。藩校養賢堂に学び,嘉永5(1852)年昌平黌に入る。文久1(1861)年大坂で松本奎堂,松林飯山と双松岡塾を開き尊攘論を説き志士と交流。3年仙台に戻り,慶応2(1866)年養賢堂指南役となる。戊辰戦争に際して奥羽越列藩同盟に反対し一時投獄される。明治3(1870)年大学助教となり東京へ出,その後東京府学教授,修史館出仕などを歴任,13年官を辞し私塾綏猷堂で教育と著述に専念。片山潜が門人であったことは知られていない。17年中国に遊び李鴻章と会談した。墓は東京目黒祐天寺。著書『尊攘紀事』は有名。<参考文献>宇野昌介『鹿門岡千仭の生涯』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡鹿門の関連キーワード古賀茶渓西山完瑛宝田通文関常明藤堂凌雲漢儒楠本碩水国分元杏清水楽山林双橋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone