コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通喬 こうの みちたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通喬 こうの-みちたか

1693-1757* 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)6年生まれ。河野通重(みちしげ)の子。幕臣。享保(きょうほう)10年父の跡をつぐ。勘定奉行,大目付などをつとめ,寛延2年留守居となった。宝暦6年12月18日死去。64歳。通称は金次郎,勘右衛門。著作に「浪玉集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野通喬の関連キーワード土肥霞洲ラファイエットプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone