河野通英(読み)こうの みちひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通英 こうの-みちひで

1612-1675 江戸時代前期の儒者。
慶長17年10月26日生まれ。江戸で幕府若年寄太田資宗(すけむね)につかえ,のち林羅山(らざん)に師事。寛永20年羅山の高弟として朝鮮使節と詩文を交換,名をたかめた。寛文4年加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩に仕官した。延宝3年4月8日死去。64歳。長門(ながと)(山口県)出身。通称は喜平次。号は益庵,春察。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

河野通英 (こうのみちひで)

生年月日:1612年10月26日
江戸時代前期の加賀大聖寺藩士;儒学者
1675年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android