油谷倭文子(読み)ゆや しずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

油谷倭文子 ゆや-しずこ

1733-1752 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)18年生まれ。江戸京橋の商人伊勢屋油谷平右衛門の娘。賀茂真淵(かもの-まぶち)の弟子で,鵜殿余野子(うどの-よのこ),土岐筑波子(とき-つくばこ)とともに県門三才女といわれた。宝暦2年7月18日死去。20歳。名は八代子,いく子。は弓屋,油屋とも。家集に「文布(あやぬの)」。

油谷倭文子 あぶらだに-しずこ

ゆや-しずこ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆやしずこ【油谷倭文子】

1733‐52(享保18‐宝暦2)
江戸中期の女流歌人。江戸京橋の生れで,賀茂真淵に師事。真淵はわが子のようにかわいがったが,わずか20歳の若さで惜しまれつつ世を去った。真淵には女弟子が少なくなかったが,倭文子は,鵜殿よの子,土岐(進藤)筑波子(つくばこ)とともに県門(あがたもん)の三才女と称せられた。家集に《文布(あやぬの)》がある。【佐佐木 幸綱

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android