コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油谷倭文子 ゆや(あぶらだに) しずこ

4件 の用語解説(油谷倭文子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

油谷倭文子

江戸中期の国学者。江戸生。名は八代子。賀茂真淵に師事。宝暦2年(1752)歿、20才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

油谷倭文子 ゆや-しずこ

1733-1752 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)18年生まれ。江戸京橋の商人伊勢屋油谷平右衛門の娘。賀茂真淵(かもの-まぶち)の弟子で,鵜殿余野子(うどの-よのこ),土岐筑波子(とき-つくばこ)とともに県門三才女といわれた。宝暦2年7月18日死去。20歳。名は八代子,いく子。姓は弓屋,油屋とも。家集に「文布(あやぬの)」。

油谷倭文子 あぶらだに-しずこ

ゆや-しずこ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆやしずこ【油谷倭文子】

1733‐52(享保18‐宝暦2)
江戸中期の女流歌人。江戸京橋の生れで,賀茂真淵に師事。真淵はわが子のようにかわいがったが,わずか20歳の若さで惜しまれつつ世を去った。真淵には女弟子が少なくなかったが,倭文子は,鵜殿よの子,土岐(進藤)筑波子(つくばこ)とともに県門(あがたもん)の三才女と称せられた。家集に《文布(あやぬの)》がある。【佐佐木 幸綱】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油谷倭文子の関連キーワード斧木赤井一貞恵岳(2)国佐(2代)斜与子橘御園土井薫梅則栄梅風松平葛子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone