コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜殿余野子 うどの よのこ

2件 の用語解説(鵜殿余野子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜殿余野子 うどの-よのこ

1729-1788 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)14年生まれ。鵜殿士寧の妹。紀伊(きい)和歌山藩につかえる。賀茂真淵(かもの-まぶち)にまなび,油谷倭文子(ゆや-しずこ),土岐筑波子(とき-つくばこ)とならんで,県門の三才女とよばれた。天明8年11月20日死去。60歳。江戸出身。通称は瀬川,きよい子。家集に「佐保川」「凉月遺草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鵜殿余野子

没年:天明8.11.20(1788.12.17)
生年:生年不詳
江戸中期の歌人。別称清子。瀬川,凉月院と号す。儒学者鵜殿士寧の妹。享年60余歳という。紀州徳川家中屋敷に仕え,世子宗将と正室富宮に近侍する女性歌人の中心となった。和歌は賀茂真淵門。同門では士岐筑波子,油谷倭文子と並び称され,「三才女」と呼ばれることも多い。兄の士寧の影響を受け詩文の才もあったと伝えられる。家集『佐保川』『凉月遺草』。<参考文献>丸山季夫「村尾家系譜」(『国学史上の人々』),中村幸彦「紀伊殿の閨秀歌人達」(『中村幸彦著述集』12巻)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜殿余野子の関連キーワード石橋直之祇園百合女瀬川如皐瀬川菊三郎(初代)瀬川菊之丞(3代)瀬川吉次(3代)瀬川富三郎(2代)瀬川富三郎(3代)瀬川初太夫瀬川雄次郎(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone