治聾酒(読み)ジロウシュ

デジタル大辞泉の解説

じろう‐しゅ〔ヂロウ‐〕【治×聾酒】

春分に最も近い戊(つちのえ)の日に、土地の神に供える酒。また、この日に飲む酒。この日に酒を飲むと耳の障害が治るという。 春》「―の酔ふほどもなくさめにけり/鬼城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じろうしゅ【治聾酒】

春の社日しやにちに飲む酒。この日に酒を飲むと耳の遠いのが治るという俗信がある。治聾酒という名の酒があるわけではない。 [季] 春。 《 -の酔ふほどもなくさめにけり /村上鬼城 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android