コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠い トオイ

デジタル大辞泉の解説

とお・い〔とほい〕【遠い】

[形][文]とほ・し[ク]二つのものが空間的、時間的に、また心理的に離れているさま。
場所が非常に離れている。距離が十分にある。「―・い国」「―・くまで歩く」⇔近い
時間が非常に離れている。間に多くの時間が流れている。「―・い将来」「完成には―・い」⇔近い
関係が薄い。気持ちの隔たりが大きい。親密でない。関心が薄い。「―・い間柄」「足が―・くなる」⇔近い
血のつながりが密接でない。「―・い親類」⇔近い
性質・内容・程度などの隔たりが大きい。似ていない。大きな差がある。「理想から―・い生活」「秀才というにはあまりに―・い」⇔近い
はっきり聞こえない。音が小さく聞こえる。「耳が―・い」「電話が―・い」
(「気が遠くなる」の形で)意識が薄れる。「気が―・くなるほどの数字」
(「目が遠い」の形で)遠視である。「目が―・くて本が読みにくい」⇔近い
[派生]とおさ[名]
[下接句]話が遠い耳が遠い当たらずと雖(いえど)も遠からず殷鑑(いんかん)遠からず生(お)い先遠し言(げん)近くして意遠し任重くして道遠し日暮れて道遠し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とおい【遠い】

( 形 ) [文] ク とほ・し
空間的に、隔たりが大きい。 「 - ・い国」 「 - ・く離れている友」 「 - ・い空」 「山頂まではまだまだ-・い」
時間的に隔たりが大きい。 「 - ・い昔のこと」 「そう-・くない将来」
なかなかそうならない。その段階に達するにはまだまだである。 「完成にはまだ-・い」 「合格には-・い成績」
関係があまりない。 「我々の気分とは-・いところにある」 「近うて-・きもの、宮の前の祭思はぬ/枕草子 166
血縁関係が薄い。 「 - ・い親戚」
親しくない。疎遠だ。 「その後彼とも-・くなった」
性質や内容が似ていない。似つかわしくない。 「ハンサムというには-・い顔だ」
(「気がとおくなる」の形で)意識がはっきりしない。また、程度が激しすぎて、意識を失うほどである。 「気が-・くなるような大金」
(「目がとおい」の形で)遠視である。
聴覚が弱い。また、よく聞こえない。 「電話が-・い」 「耳が-・い」
▽↔ 近い遠く
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遠いの関連キーワード綿邈・緬邈百年の計久遠劫遠距離長道中隔たり百里遠近遠謀久遠耳孫末孫木表四極千里遠縁遠国遠海長程遐陬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠いの関連情報