コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酔ふ エウ

デジタル大辞泉の解説

え・う〔ゑふ〕【酔ふ】

[動ハ四]《「よ(酔)う」の古形
酒気が回る。
「さばかり―・ひ給へる御心地にも」〈紫式部日記
気分が悪くなる。
「かくの如くして行く程に、三人ながら―・ひぬれば」〈今昔・二八・二〉
毒気などにあてられてぼんやりする。
「蛇の香に―・ひて目も見開かれねば」〈今昔・一四・四三〉
魅力のあるものに心をうばわれる。
「山は錦を着、天も花に―・へりとなん」〈仮・露殿・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えう【酔ふ】

( 動四 )
「よう(酔)」の古形。 「須須許理すすこりが醸みし御酒みきに我-・ひにけり/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酔ふの関連キーワード高井几董村上鬼城松本長治聾酒季語幽愁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android