コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田香雪 ぬまた こうせつ

2件 の用語解説(沼田香雪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼田香雪 ぬまた-こうせつ

1817-1905 江戸後期-明治時代の漢詩人。
文化14年4月30日生まれ。沼田孤松の長女。父の塾でまなぶ。大窪詩仏(おおくぼ-しぶつ)に詩を激賞され,香雪の号をもらう。戊辰(ぼしん)戦争で夫と子をうしない,その経緯を「後凋園徒然草(こうちょうえんつれづれぐさ)」にまとめた。「香雪遺稿」がある。明治38年5月5日死去。89歳。出羽(でわ)横手(秋田県)出身。名は卯野。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沼田香雪

没年:明治38.5.5(1905)
生年:文化14.4.30(1817.6.14)
幕末明治期の漢詩人。横手(秋田県)の藩校教授沼田孤松の長女。名は卯野。幼時より父の開く天工洞塾で漢学を学んだ。養子に迎えた夫瀬兵衛と長男宇源太を奥州戊辰戦争で失う。その著『後凋園徒然草』はその経緯を綴ったもの。夫の首を風呂敷に包み埋葬場所を求めてさまよう様子など,読む者の心を打つ。後半生は孫らの教育に尽くした。漢詩,和歌の遺稿がある。<著作>沼田宇源太編『香雪遺稿』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼田香雪の関連キーワード前田暢堂梅津只円小島文器下田吉蔭昇斎一景関直吉園美蔭高橋石斎田中繍蝶山崎董洤

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone