コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沾洲 せんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

せんしゅう【沾洲】

1670‐1739(寛文10‐元文4)
江戸中期の俳人。姓は貴志,初号は民丁。別号は橋南居,行輈斎,五千叟など。膳所(ぜぜ)の出身で,宝生座の謡師か。1696年(元禄9)江戸に下り,沾徳に入門して宗因風の点者となったが,蕉門の其角や祇空と親密で江戸蕉風に近い。沾徳の後継者として江戸の中心となり,百韻の中に人事色ゆたかな遊戯的な都会風を推進し,比喩体とよばれた新風を開拓した。しかし,晩年は蕉風復興の時代の波に洗われ,同門の沾涼の《鳥山彦(とりやまびこ)》で〈比喩俳諧滅却〉を予言されるなど,不遇の中に世を去った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沾洲の関連キーワード佐久間柳居貴志沾洲雲津水国鈴木羊素中川宗瑞石内序令石川壺月志村常仙類柑子譬喩体江戸座太祇

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android