コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沾洲 せんしゅう

2件 の用語解説(沾洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沾洲 せんしゅう

貴志沾洲(きし-せんしゅう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

せんしゅう【沾洲】

1670‐1739(寛文10‐元文4)
江戸中期の俳人。姓は貴志,初号は民丁。別号は橋南居,行輈斎,五千叟など。膳所(ぜぜ)の出身で,宝生座の謡師か。1696年(元禄9)江戸に下り,沾徳に入門して宗因風の点者となったが,蕉門の其角や祇空と親密で江戸蕉風に近い。沾徳の後継者として江戸の中心となり,百韻の中に人事色ゆたかな遊戯的な都会風を推進し,比喩体とよばれた新風を開拓した。しかし,晩年は蕉風復興の時代の波に洗われ,同門の沾涼の《鳥山彦(とりやまびこ)》で〈比喩俳諧滅却〉を予言されるなど,不遇の中に世を去った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沾洲の関連キーワード狩野種信倉橋泰吉都鄙問答大村純庸真察新助の方杉山貞治林朴入亮範

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone