コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志沾洲 きし せんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴志沾洲 きし-せんしゅう

1671-1742* 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文11年生まれ。一説に近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)の人。水間沾徳(みずま-せんとく)に師事。比喩体の句作を得意とし,享保(きょうほう)年間の江戸俳壇に勢力をきずいた。寛保(かんぽう)元年12月16日死去。71歳。別号に民丁,行輈斎,五千叟,篁影堂,橋南居など。編著に「親うくひす」「百千万」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貴志沾洲の関連キーワードカッシーニガルダン(噶爾丹)カンプハイスブロンデルニュートン(Sir Isaac Newton)ミルトン江島事件西川祐信江戸時代(年表)白河藩

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone