コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志沾洲 きし せんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴志沾洲 きし-せんしゅう

1671-1742* 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文11年生まれ。一説に近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)の人。水間沾徳(みずま-せんとく)に師事。比喩体の句作を得意とし,享保(きょうほう)年間の江戸俳壇に勢力をきずいた。寛保(かんぽう)元年12月16日死去。71歳。別号に民丁,行輈斎,五千叟,篁影堂,橋南居など。編著に「親うくひす」「百千万」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貴志沾洲の関連キーワード佐久間柳居志村常仙石内序令雲津水国中川宗瑞鈴木羊素石川壺月類柑子譬喩体沾洲

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android