コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志沾洲 きし せんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴志沾洲 きし-せんしゅう

1671-1742* 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文11年生まれ。一説に近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)の人。水間沾徳(みずま-せんとく)に師事。比喩体の句作を得意とし,享保(きょうほう)年間の江戸俳壇に勢力をきずいた。寛保(かんぽう)元年12月16日死去。71歳。別号に民丁,行輈斎,五千叟,篁影堂,橋南居など。編著に「親うくひす」「百千万」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android