泉井守一(読み)いずい もりいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉井守一 いずい-もりいち

1904-2002 昭和時代の捕鯨砲手。
明治37年12月6日生まれ。15歳で捕鯨船にのり,22歳で砲手となる。昭和29年砲手としてはじめて大洋漁業(現マルハ)取締役となる。捕鯨頭数は9104頭とされ,世界記録保持者といわれる。故郷高知県室戸市に供養のための梵鐘,鯨文化の継承のための鯨昌館を建設。平成14年7月8日死去。97歳。著作に「捕鯨一代」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android