泉秀節(読み)いずみ しゅうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉秀節 いずみ-しゅうせつ

1844-1904 明治時代の囲碁棋士。
弘化(こうか)元年生まれ。家は大坂の質屋。中川順節に師事し,大塚因碩(いんせき),吉原文之助と並び称された。明治20年方円社から5段をおくられ,同年同社大阪分社を設立し,経営にあたる。33年東京の巌埼(いわさき)健造と日本初の電信碁をうった。明治37年3月25日死去。61歳。本名は与兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android