コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚因碩 おおつか いんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚因碩 おおつか-いんせき

1831-1904 江戸後期-明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)2年生まれ。井上幻庵(11世井上因碩)の門人弘化(こうか)4年3段。若いころ「鬼亀」の異名をとる。大阪に定住し,明治24年関西碁壇に推され14世井上因碩を名のる。晩年関西囲碁倶楽部(クラブ)を設立。8段。弟子に田淵因碩,恵下田(えげた)因碩ら。明治37年3月死去。74歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。本名は亀太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大塚因碩の関連キーワード井上 因碩(16代目)井上因碩(14世)恵下田因碩明治時代泉秀節

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android