コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原文之助 よしわら ぶんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原文之助 よしわら-ぶんのすけ

1833-1889 幕末-明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)4年生まれ。おさないころ出家,住職から囲碁をならう。その後大坂にでて吉原家の養子となり,江戸の安井門で修業。23歳で3段,ついで5段にすすみ,大坂碁界の中心的存在となった。明治22年死去。57歳。紀伊(きい)那賀(なが)郡(和歌山県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉原文之助の関連キーワード島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群シリア史カルリスタ戦争工場法天保の飢饉饗庭篁村広島(市)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone