コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊瀬 はつせ

世界大百科事典 第2版の解説

はつせ【泊瀬】

奈良県桜井市東部の初瀬川渓谷の総称。初瀬,長谷とも書く。現在は〈はせ〉と発音する。大和と東国とを結ぶ伊勢街道の要衝にあってはやくから開け,雄略天皇泊瀬朝倉宮武烈天皇の泊瀬列城(なみき)宮などが営まれたとされる。《和名抄》には長谷郷が見え城(しきのかみ)郡に属していた。渓谷入口の三輪山に近い慈恩寺・脇本地域などは古代のシキ(磯城)地域に含まれ,狭義のヤマトの範囲の東端に位置していたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の泊瀬の言及

【泊瀬】より

…現在は〈はせ〉と発音する。大和と東国とを結ぶ伊勢街道の要衝にあってはやくから開け,雄略天皇の泊瀬朝倉宮,武烈天皇の泊瀬列城(なみき)宮などが営まれたとされる。《和名抄》には長谷郷が見え城上(しきのかみ)郡に属していた。…

※「泊瀬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泊瀬の関連キーワード初瀬川(はせがわ)隠り口の・隠り国の初瀬/泊瀬/長谷長谷部内親王野宮(神道)日下部吾田彦山背大兄王境部摩理勢日下部使主土形娘子御馬皇子海人小舟初瀬六代泊瀬仲王隠りくの隠り江の脇本遺跡長谷寺走り出心細し

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android