コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊瀬 はつせ

世界大百科事典 第2版の解説

はつせ【泊瀬】

奈良県桜井市東部の初瀬川渓谷の総称。初瀬,長谷とも書く。現在は〈はせ〉と発音する。大和と東国とを結ぶ伊勢街道の要衝にあってはやくから開け,雄略天皇泊瀬朝倉宮武烈天皇の泊瀬列城(なみき)宮などが営まれたとされる。《和名抄》には長谷郷が見え城上(しきのかみ)郡に属していた。渓谷入口の三輪山に近い慈恩寺・脇本地域などは古代のシキ(磯城)地域に含まれ,狭義のヤマトの範囲の東端に位置していたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の泊瀬の言及

【泊瀬】より

…現在は〈はせ〉と発音する。大和と東国とを結ぶ伊勢街道の要衝にあってはやくから開け,雄略天皇の泊瀬朝倉宮,武烈天皇の泊瀬列城(なみき)宮などが営まれたとされる。《和名抄》には長谷郷が見え城上(しきのかみ)郡に属していた。…

※「泊瀬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

泊瀬の関連キーワード隠り口の・隠り国の初瀬川(はせがわ)初瀬/泊瀬/長谷日下部吾田彦野宮(神道)長谷部内親王境部摩理勢日下部使主山背大兄王脇本遺跡泊瀬仲王崇峻天皇初瀬六代御馬皇子土形娘子隠りくの隠り江の海人小舟平群鮪木綿花

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android