法嗣(読み)ホウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐す【法嗣】

〘名〙 仏語。師から仏法の奥義を伝えられた弟子。師の法統を受けついだもの。禅家でいう。嗣法。
※正法眼蔵(1231‐53)谿声山色「総は黄龍慧南禅師の法嗣なり」 〔勅修百丈清規‐三〕

ほう‐し ホフ‥【法嗣】

ほっ‐し【法嗣】

〘名〙 禅宗で、師から仏法の奥義を伝えられた弟子。ふつう、「はっす」と読まれる。→はっす

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android