法嗣(読み)ホウシ

  • はっす
  • ほうし ホフ‥
  • ほうし〔ホフ〕
  • ほっし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。師から仏法の奥義を伝えられた弟子。師の法統を受けついだもの。禅家でいう。嗣法。
※正法眼蔵(1231‐53)谿声山色「総は黄龍慧南禅師の法嗣なり」 〔勅修百丈清規‐三〕
〘名〙 禅宗で、師から仏法の奥義を伝えられた弟子。ふつう、「はっす」と読まれる。→はっす

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android