法相宗秘事絵巻(読み)ほっそうしゅうひじえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法相宗秘事絵巻
ほっそうしゅうひじえまき

鎌倉時代末期の絵巻。紙本着色,12巻。国宝。藤田美術館蔵。法相宗の祖である唐の玄奘三蔵の一代記を絵巻としたもので,「玄奘三蔵絵」とも呼ばれる。整然とした構成や異国の風俗,自然の描写に特色があり,その精緻な表現や華麗な色彩は『春日権現験記絵巻』に類似しているので,高階隆兼筆と推定されている。もとは奈良興福寺の一乗院の宝物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android