コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法相宗秘事絵巻 ほっそうしゅうひじえまき

1件 の用語解説(法相宗秘事絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法相宗秘事絵巻
ほっそうしゅうひじえまき

鎌倉時代末期の絵巻。紙本着色,12巻。国宝。藤田美術館蔵。法相宗の祖である唐の玄奘三蔵の一代記を絵巻としたもので,「玄奘三蔵絵」とも呼ばれる。整然とした構成や異国の風俗,自然の描写に特色があり,その精緻な表現や華麗な色彩は『春日権現験記絵巻』に類似しているので,高階隆兼筆と推定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法相宗秘事絵巻の関連キーワード円伊燕子花図屏風紅白梅図屏風西行物語絵巻随身庭騎絵巻鳥獣人物戯画伴大納言絵巻枕草子絵巻十二因縁絵巻稚児草紙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone