コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日権現験記絵巻 かすがごんげんけんきえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日権現験記絵巻
かすがごんげんけんきえまき

春日大社の明神に関する霊験物語を絵巻としたもの。絹本着色,20巻,別に目録が1巻。延慶2 (1309) 年に奉納。絵は高階隆兼,詞章は覚円法印の起草で,前関白鷹司基忠,およびその3人の子息,摂政冬平,権大納言冬基,興福寺一乗院良信の筆。左大臣西園寺公衡春日大社に奉納したもので,のち御物となった。現在は宮内庁三の丸尚蔵館蔵。細部にいたるまで綿密に描き,彩色は入念で華麗,格調高い画面をつくっている。伝統的なやまと絵の技法の集大成であると同時に,自然描写などには新しい感覚が認められる。鎌倉時代後期のやまと絵の代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

春日権現験記絵巻の関連キーワード石山寺縁起絵巻法相宗秘事絵巻駒競行幸絵巻吹抜屋台神道美術御守

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android