コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法経六篇 ほうけいろっぺんha jing lin pian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法経六篇
ほうけいろっぺん
ha jing lin pian

中国古代の刑法典。戦国時代の魏の文侯の師, 悝 (りかい) が諸国の法典を参照して前4世紀初め頃に編纂したと伝えられる。盗法,賊法,囚法,捕法,雑法,具法の6編から成る。商鞅がこれを李 悝から伝授されて秦に入り,法を改めて律と呼んだ。以後秦に行われ,漢初の蕭何がこれに戸律以下3編を加えて九章律を作ったといわれる。法経六篇は中国最古のまとまった成文刑法典と称されるが,伝存せず,その実在性を疑問とする学説もある。特に最近の日本の学界では実在否定論がほとんど定説に近い。しかし,中国近時の学者には,実在を肯定する向きが多く,この存否の結論は出されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android