コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕭何 しょうかXiao He; Hsiao Ho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕭何
しょうか
Xiao He; Hsiao Ho

[生]?
[没]恵帝2(前193).7.5.
中国,漢の開国の功臣。三傑の一人。沛 (はい) 県豊邑 (江蘇省沛県) の人。諡は文終。沛の下級官吏であったが,亭長 (村役人) である劉邦 (→高祖) が兵を起すと,その謀臣として活躍。秦都咸陽に入るとただちにの律令図書を手に収め,漢朝成立の基礎を固めた。劉邦項羽の戦いが始ると,関中にあって留守を守り,軍需の供給にあたった。また韓信の才能を見抜き,国士無双の武将として,劉邦に推薦した。漢朝成立後,さん侯に封じられ相国に進んだ。『九章律』を編している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蕭何【しょうか】

中国,漢朝の元勲劉邦同郷,その挙兵から韓信張良らとともに幕僚として行政手腕を振るう。統一後は宰相となり,帝国の基礎を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうか【蕭何 Xiāo Hé】

?‐前193
中国,漢の高祖(劉邦)の功臣。沛(はい)(現,江蘇省沛県)の人。法令に通じて沛県の下級官吏となるが,早くから無名の劉邦の擁護者であった。劉邦が興起して沛公となると従軍して庶務を担当し,咸陽入城のときは,まっさきに秦の宮室にはいって律令図書の類を押収し,ために劉邦は土地の険要,戸口の多少,人民の疾苦する原因など天下の情勢を詳細に知ることができたといわれる。劉邦が漢王となると丞相に任ぜられ,韓信を大将軍に推挙したり,また項羽と対決した楚漢の戦では,関中にとどまって経営し,兵糧や兵士の補給に努めて功績があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうか【蕭何】

?~前193) 中国、前漢創業の功臣。劉邦(高祖)挙兵以来の参謀。劉邦が項羽と対しているときは関中の経営と兵站へいたん線の確保に努め、天下統一後は相国として、新法(九章律)を定めて、王朝の基礎を築いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕭何
しょうか
(?―前193)

中国古代の政治家。前漢朝高祖劉邦(りゅうほう)の最初からの臣で、劉邦と同郷の沛(はい)の豊邑(ほうゆう)(江蘇(こうそ)省豊県)の生まれ。初め秦(しん)の沛県の主吏掾(しゅりえん)という下級官吏で、有能だったらしい。劉邦が一農民だったころから援助しており、のち、劉邦が役目がら首都咸陽(かんよう)へ行ったとき、他の者より多くの餞別(せんべつ)を出したことは劉邦にとって終生忘れがたいことであったようだ。劉邦の起兵後はその参謀として一族をあげて加わり、武人としてよりも民政官として活躍、劉邦の窮地をしばしば救った。劉邦が天下を平定すると功臣中第一に推され(さんこう)に封ぜられ、やがて丞相(じょうしょう)から相国となった。秦軍との抗争中、都の咸陽城を落とした漢軍の諸将が金銀を争奪したのに、彼ひとり秦の記録文書を収め、それによって劉邦が天下の形勢をよく知りえたのは有名である。[春日井明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蕭何の言及

【高祖】より

…劉邦は,諸県の父老と法三章のみを約束して,苛酷な秦法をことごとく廃除した。部下の能吏であった蕭何は,秦の丞相・御史が管理していた律令図書の類を接収し,これにより天下の要害や戸口の多寡などの情報を得,以後の戦局を有利に導いた。 2ヵ月おくれて函谷関を破って関中に進駐してきた項羽は,劉邦に出し抜かれて大いに怒り,両雄は相対立した。…

※「蕭何」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蕭何の関連キーワード高祖[前漢]張良(中国)法三章の約名数小辞典法経六篇賢聖障子法三章村役人未央宮新法恵帝曹参李悝高帝兵站

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蕭何の関連情報