コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野義常 はたの よしつね

2件 の用語解説(波多野義常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波多野義常 はたの-よしつね

?-1180 平安時代後期の武士。
父義通の妹が源頼朝の兄朝長の母。相模(さがみ)(神奈川県)波多野荘を本領とする。治承(じしょう)4年頼朝の挙兵に応じなかったため攻められ,10月17日所領の松田郷で自殺した。通称は右馬允(うまのじょう)。名は義経とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

波多野義常

没年:治承4.10.17(1180.11.6)
生年:生年不詳
平安末期の武士。義通の子。相模国(神奈川県)波多野荘を本領とし,右馬允の官を帯した。治承4(1180)年源頼朝が反平家の兵を挙げるに際し,参加を求める使者を義常のもとに遣わしたが,義常はこれを拒絶したばかりか「条々の過言」を吐いた。そのため,頼朝は南関東を平定して鎌倉に入部すると下河辺行平に義常の追討を命じ,義常は行平の到着以前に所領の松田郷で自殺を遂げた。波多野氏は一族に中央で活躍する者が多く,12世紀の東国武士団のなかでは異色の存在で,在地における勢力もかなり大きいものがあったと思われる。<参考文献>野口実『坂東武士団の成立と発展』

(野口実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

波多野義常の関連キーワード源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠三浦義明源重定

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone