波旬(読み)ハジュン

大辞林 第三版の解説

はじゅん【波旬】

人間を殺したり、善を妨げたりする悪魔。 天魔-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波旬
はじゅん

サンスクリット語のパーピーヤスppyas、パーリ語のパーピマントppimantの音写で、悪意(パーパ)ある者の意。仏典には、仏や仏弟子を悩ます悪魔、魔王として登場し、しばしば魔波旬(マーラ・パーピマントmra-ppimant)とよばれる。魔(マーラmra)は殺す者の意。個人心理的には安定(悟り)に対する不安定(煩悩(ぼんのう))の、集団心理的には新勢力(仏教)に対する旧勢力(バラモン教)の象徴と考えられる。[片山一良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はじゅん【波旬】

(Pāpīyas の変化したもの。殺者または悪者と訳す) 釈迦の修道を妨げようとした魔王の名。天魔。はずん。〔三教指帰(797頃)〕 〔慧琳音義‐一〇〕
[補注]梵語の音写と考えるには「旬」の音が問題となる。挙例の「慧琳音義」には「波俾掾(ハヒエン)」の「俾」を略して「波(ハケン)」とし、その「」を誤って「旬」としたという説が紹介されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android