コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波旬 ハジュン

3件 の用語解説(波旬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はじゅん【波旬】

《〈梵〉Pāpīyāsの音写。悪者の意》仏語。人の命や善根を断つ悪魔。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はじゅん【波旬】

〘仏〙 人間を殺したり、善を妨げたりする悪魔。 「天魔-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波旬
はじゅん

サンスクリット語のパーピーヤスppyas、パーリ語のパーピマントppimantの音写で、悪意(パーパ)ある者の意。仏典には、仏や仏弟子を悩ます悪魔、魔王として登場し、しばしば魔波旬(マーラ・パーピマントmra-ppimant)とよばれる。魔(マーラmra)は殺す者の意。個人心理的には安定(悟り)に対する不安定(煩悩(ぼんのう))の、集団心理的には新勢力(仏教)に対する旧勢力(バラモン教)の象徴と考えられる。[片山一良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波旬の関連キーワード薩埵南無牟尼悉地倶胝刹土泥梨伐折羅

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone