天魔(読み)てんま

大辞林 第三版の解説

てんま【天魔】

〘仏〙 四魔しまの一。欲界の第六天すなわち他化自在天に住んで、人が善事を行なったり、真理に至ろうとするのを妨げる。天子魔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

天魔 (メハジキ)

学名:Leonurus japonicus
植物。シソ科の二年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ま【天魔】

仏語。欲界六天の頂上、第六天にいる魔王とその眷属をいう。常に正法を害して仏道を障害し、人心を悩乱して、智慧・善根をさまたげる悪魔。天魔波旬。〔勝鬘経義疏(611)〕
※平治(1220頃か)上「いかなる天魔が二人の心に入りかはりけん」 〔白居易‐示諸僧衆詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天魔の関連情報