コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣き笑い ナキワライ

デジタル大辞泉の解説

なき‐わらい〔‐わらひ〕【泣き笑い】

[名](スル)
泣きながら笑うこと。
泣いたり笑ったりすること。悲しいこともうれしいこともあること。「泣き笑いの人生」
[補説]書名別項。→NAKIWARAI

なきわらい【NAKIWARAI】[書名]

土岐哀果(土岐善麿の号)の第1歌集。明治43年(1910)刊行。ローマ字の3行書きによる実験的歌集で、朝日新聞石川啄木による批評が掲載されるなど、注目を集めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なきわらい【泣き笑い】

( 名 ) スル
泣きながら笑うこと。
泣くことと笑うこと。悲しみと喜び。 「 -の人生」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

泣き笑いの関連キーワードオックスフォード・ワード・オブ・ザ・イヤー曾我廼家五郎春風亭 柳昇内海 好江斎藤寅次郎榎本 健一諸岡なほ子大宮 敏充ラフォルグ土岐 善麿土岐哀果ユーモア松本明子秦万里子大宮敏充一刻千秋金井克子西岡慶子吉内里美山本太郎

泣き笑いの関連情報