泣き笑い(読み)ナキワライ

デジタル大辞泉の解説

なき‐わらい〔‐わらひ〕【泣き笑い】

[名](スル)
泣きながら笑うこと。
泣いたり笑ったりすること。悲しいこともうれしいこともあること。「泣き笑いの人生」
[補説]書名別項。→NAKIWARAI

なきわらい【NAKIWARAI】[書名]

土岐哀果(土岐善麿の号)の第1歌集。明治43年(1910)刊行。ローマ字の3行書きによる実験的歌集で、朝日新聞石川啄木による批評が掲載されるなど、注目を集めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なきわらい【泣き笑い】

( 名 ) スル
泣きながら笑うこと。
泣くことと笑うこと。悲しみと喜び。 「 -の人生」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泣き笑いの関連情報