一喜一憂(読み)イッキイチユウ

  • いっきいちゆう ‥イチイウ
  • いっきいちゆう〔イチイウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)状況の変化に応じて、喜んだり心配したりすること。「試合の途中経過の報に一喜一憂する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
情勢の変化に伴ってそのたびに喜んだり心配したりすること。 開票速報に-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 喜びと心配とが交互に訪れること。状況の変化につれて喜んだり心配したりすること。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一一「其勝敗の際に臨み迭(かたみ)に一喜一憂(いっキいちイウ)あるも」 〔道徳指帰論‐名神孰親〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

喜びと心配とが交互に訪れること。情況が変わるたびにんだり心配したりして、落ち着かないこと。

[活用] ―する。

[使用例] われらごときものの一喜一は無意味と言わん程に勢力のないという事実に[夏目漱石*思ひ出す事など|1910~11]

[使用例] どのような生涯を送ってみても、空しい、ばかげた幻影のために一喜一憂し、同じことを毎日繰りかえしている[辻邦生*廻廊にて|1963]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一喜一憂の関連情報