コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注入型電界発光 ちゅうにゅうがたでんかいはっこうinjection electroluminescence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

注入型電界発光
ちゅうにゅうがたでんかいはっこう
injection electroluminescence

半導体のp-n接合などの電位障壁を介して注入された少数キャリアが多数キャリアと再結合し,その際の余剰のエネルギーが「光」として放出される現象。高温によらない発光すなわちケイ光の一種である。発光波長は用いられている半導体の種類,添加されている不純物の種類などで決るが,半導体のエネルギー間隙に相当する波長より少し長波長である。発光ダイオード注入型レーザーはこの現象を利用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android