コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰善(2) たいぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰善(2) たいぜん

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。大和(やまと)(奈良県)多武峯(とうのみね)の検校貞元(じょうげん)2年(977)大和守(かみ)藤原国光の援助をえて,神武天皇追善のため畝傍(うねび)山の北東に国源寺を建立して,毎年3月に法華経を講じた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

泰善(2)の関連キーワード天台宗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android