洗顔料(読み)せんがんりょう(英語表記)face cleansing agent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洗顔料
せんがんりょう
face cleansing agent

皮膚の汚れを落とし,清潔に保つ洗浄用化粧品の一種で,顔に使用するのを目的に作られているもの。洗顔料には,(1) 皮膚の汚れを取るもの,(2) メイキャップ用化粧品を落とす目的で作られているもの,がある。 (1) のタイプには,洗顔用せっけん,クリーム,ジェル,洗い粉などがある。浴用せっけんに比べると,洗顔用のものは,皮膚の潤いを保つ働きをしている皮脂を取り過ぎないように,洗浄力は一定に維持しつつ,ラノリン,オリーブ油などの油脂を加えているのが一般的である。皮膚の老化角質や毛穴の中の汚れを取る洗顔料として,細かい粒子の入ったスクラブやパック剤も若い人たちの人気を集めている。 (2) のタイプには,クレンジングクリーム,オイル,ふき取り用化粧水などがある。従来は,クレンジング剤を使った後はふき取り用化粧水を使い,さらに洗顔せっけんで洗うというダブル洗顔が正しいスキンケア法といわれてきたが,スピーディーに水で直接洗い流せるタイプのクレンジング剤も現れた。乳液やローションタイプも登場するなど,クレンジング剤も多様化し,肌性,肌質 (スキンタイプ) に合わせて製品をセレクトする時代になってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洗顔料の関連情報