コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞庭藍 トウテイラン

デジタル大辞泉の解説

とうてい‐らん【洞庭藍】

ゴマノハグサ科の多年草。関西の海岸に自生。高さ40~60センチ。全体が白い綿毛で覆われる。夏、青紫色の花をつけ、名はこれを中国の洞庭湖の水の色にたとえたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうていらん【洞庭藍】

ゴマノハグサ科の多年草。山陰地方の海岸に生える。高さ約50センチメートル。茎葉に白い綿毛を密生する。夏、枝先に青紫色の小花を密につける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

洞庭藍 (トウテイラン)

学名:Pseudolysimachion ornatum
植物。ゴマノハグサ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

洞庭藍の関連キーワード山陰海岸国立公園山陰地方茎葉小花

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android