コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞院実雄 とういん さねお

1件 の用語解説(洞院実雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

洞院実雄 とういん-さねお

1217-1273 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
建保(けんぽ)5年生まれ。西園寺公経(さいおんじ-きんつね)の子。母は平親宗(ちかむね)の娘。洞院家の祖。従一位,左大臣。3人の娘佶子(きつし)(京極院)は亀山天皇の中宮(ちゅうぐう)で世仁(よひと)親王(後宇多天皇)を,愔子(いんし)(玄輝門院)は後深草院の妃で煕仁親王(伏見天皇)を,季子(きし)(顕親門院)は伏見天皇の妃で富仁親王(花園天皇)を生み,その勢力は一時嫡家の西園寺家をしのいだ。山階左大臣と称された。文永10年8月16日死去。57歳。法名は浄覚または経学。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の洞院実雄の言及

【洞院家】より

…藤原氏北家閑院流の西園寺公経の男左大臣実雄(1217‐74)を始祖とする堂上公家。実雄の女のうち,佶子は亀山天皇の皇后として後宇多天皇を生んで京極院の院号を受け,愔子は後深草天皇の後宮に入って伏見天皇を生み玄輝門院の院号を受け,季子も伏見天皇の後宮に入って花園天皇を生み顕親門院の院号を受けるなど,大覚寺・持明院両皇統の国母を出したため,実雄をはじめ歴代が大臣に任ぜられる家柄となり,また実雄の男公雄が小倉家を,2代公守の男実明が正親町(おおぎまち)家を起こすなど庶流も分立し,家に多くの典籍を蓄え,博識の人も多く出た。…

※「洞院実雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

洞院実雄の関連キーワードルドルフ[1世]ルーミー大空位時代ターイフハプスブルク[家]足利貞氏金沢実政嘉陽門院勧心昭訓門院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone