コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波座 アワザ

3件 の用語解説(阿波座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あわざ〔あはザ〕【阿波座】

大阪市西区の地名。近世初期、多くの阿波の商人が住み、水上交通の要地であった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿波座
あわざ

大阪市西区の中央部東寄りにあり、もと阿波堀(阿波座堀川ともいう。現在は埋立て)の南一帯の地。地名は安土(あづち)桃山時代ここに阿波商人が群居したことに由来する。近世以来の商業地区で、現在大阪堂島商品取引所をはじめ銀行、会社や問屋などが多い。なかでも阪神高速道路(もと西横堀川)に沿う通りは、陶磁器問屋が多く、俗に瀬戸物町の名があり、火防陶器神社(坐摩(いかすり/ざま)神社境内)の7月の祭礼日は瀬戸物祭りでにぎわう。地下鉄中央線が東西に、同四つ橋線と千日前線が南北に走る。[位野木壽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿波座の関連情報