コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津宮 つのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津宮
つのみや

千葉県北東部,香取市北部の旧村域。利根川に面し,かつては河港として栄えた。 1889年村制施行。 1955年佐原市に編入。 2006年山田町,栗源町,小見川町と合体して香取市になった。下総台地を背後に控えた水田,畑作地帯。南方に香取神宮がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

津宮の関連キーワード「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群大島(福岡県の旧村名)福岡県宗像市田島難波(なにわ)沖島(福岡県)沖ノ島祭祀遺跡福岡県宗像市青海夫人勾子宗像神社境内沖ノ島遺跡滋賀大津宮近江大津宮玄海〈町〉市杵島姫命仁徳天皇江島神社藤井高雅湍津姫命近江神宮田霧姫命

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津宮の関連情報