津宮(読み)つのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津宮
つのみや

千葉県北東部,香取市北部の旧村域。利根川に面し,かつては河港として栄えた。 1889年村制施行。 1955年佐原市に編入。 2006年山田町,栗源町,小見川町と合体して香取市になった。下総台地を背後に控えた水田,畑作地帯。南方に香取神宮がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津宮の関連情報