コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗源 くりもと

2件 の用語解説(栗源の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗源
くりもと

千葉県北東部,香取市南西部の旧町域。下総台地の北部にある。 1924年町制。 2006年佐原市,山田町,小見川町と合体して香取市となった。地名は栗山川の源を有することに由来。谷では米,台地ではサツマイモを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗源
くりもと

千葉県北東部、香取(かとり)郡にあった旧町名(栗源町(まち))。現在は香取市の南部西寄りを占める地域。下総(しもうさ)台地上に位置する。旧栗源町は1924年(大正13)町制施行。2006年(平成18)、佐原(さわら)市、香取郡小見川(おみがわ)町、山田(やまだ)町と合併、香取市となった。地名は栗山川の源にあることに由来。旧町域は下総台地が広く展開し、谷津田(やつだ)が発達。交通は幹線から外れ、バスで佐原と通じるほか、北東部を東総有料道路が横切る。中世以来、千葉氏一族の領地で、江戸時代には幕府直轄地となって佐倉七牧のうち油田(あぶらだ)牧と矢作(やはぎ)牧が置かれた。米と雑穀生産から脱皮して、近年では養豚を第一としサツマイモ、野菜を産する。[山村順次]
『『栗源町史』(1974・栗源町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗源の関連キーワード佐原千葉県香取市香取千葉県香取市北栗源〈町〉千葉県香取市沢千葉県香取市佐原ハ千葉県香取市関千葉県香取郡多古町千葉県香取市西部田千葉県香取市羽根川

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗源の関連情報