コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山箔合紙

デジタル大辞泉プラスの解説

津山箔合紙

岡山県津山市の横野地区で生産される和紙原料ミツマタ。薄く滑らかで、良質の箔合紙として知られ、美術工芸紙などにも用いられる。県の伝統的工芸品に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津山箔合紙[紙工芸・和紙]
つやまはくあいし

中国地方、岡山県の地域ブランド。
津山市で製作されている。美作地方は、古くから国内有数の三椏の産地である。美作の三椏は、紙幣の原料として財務省印刷局にも納品されている。津山箔合紙は、この三椏を原料とする高級手漉き和紙。金箔や銀箔を挟む箔合紙として、京都や金沢の金箔工芸で重宝されている。表面がなめらかで薄く金箔を傷つけることがない。岡山県郷土伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

津山箔合紙の関連キーワード岡山県津山市

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津山箔合紙の関連情報