津戸為守(読み)つのと ためもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津戸為守 つのと-ためもり

1163-1243 鎌倉時代の武士。
長寛元年生まれ。鎌倉幕府御家人。建久6年源頼朝の東大寺供養にしたがい京都へいき法然帰依(きえ)する。のち所領の武蔵(むさし)津戸郷(東京都)にもどり出家,念仏所をたてる。仁治(にんじ)3年11月如法念仏の結願(けちがん)の日に割腹し,4年1月15日死去。81歳。法名は尊願。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android