コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長寛 チョウカン

3件 の用語解説(長寛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうかん〔チヤウクワン〕【長寛】

平安末期、二条天皇の時の年号。1163年3月29日~1165年6月5日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうかん【長寛】

年号(1163.3.29~1165.6.5)。応保の後、永万の前。二条天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうかん【長寛】

日本の元号(年号)。平安時代の1163年から1165年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は応保(おうほう)。次元号は永万(えいまん)。1163年(応保3)3月29日改元。天変と永暦(えいりゃく)年間(1160~1161年)から続く天然痘(てんねんとう)の蔓延という凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『維城典訓(いじょう)典訓』を出典とする命名。1156年(保元1)の保元の乱に勝利した後白河(ごしらかわ)天皇は皇子の二条天皇に譲位し、上皇として院政を開始していた。二条天皇の立場は不安定だったが、権中納言(ごんちゅうなごん)の藤原伊通(これみち)と台頭しつつあった平清盛(たいらのきよもり)を後ろ盾に、1161年(応保1)の憲仁(のりひと)親王(後白河の第7皇子、後の高倉(たかくら)天皇)皇太子擁立の陰謀を阻止して、後白河の政治介入を阻んだ。長寛年間は後白河の院政が実質的に停止していた時期で、二条天皇は積極的な親政を行った。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長寛の関連キーワード元号私年号年号逸年号王朝時代応保大化平安時代文学平安朝和暦

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone