コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長寛 チョウカン

デジタル大辞泉の解説

ちょうかん〔チヤウクワン〕【長寛】

平安末期、二条天皇の時の年号。1163年3月29日~1165年6月5日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうかん【長寛】

年号(1163.3.29~1165.6.5)。応保の後、永万の前。二条天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうかん【長寛】

日本の元号(年号)。平安時代の1163年から1165年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は応保(おうほう)。次元号は永万(えいまん)。1163年(応保3)3月29日改元。天変と永暦(えいりゃく)年間(1160~1161年)から続く天然痘(てんねんとう)の蔓延という凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『維城典訓(いじょう)典訓』を出典とする命名。1156年(保元1)の保元の乱に勝利した後白河(ごしらかわ)天皇は皇子の二条天皇に譲位し、上皇として院政を開始していた。二条天皇の立場は不安定だったが、権中納言(ごんちゅうなごん)の藤原伊通(これみち)と台頭しつつあった平清盛(たいらのきよもり)を後ろ盾に、1161年(応保1)の憲仁(のりひと)親王(後白河の第7皇子、後の高倉(たかくら)天皇)皇太子擁立の陰謀を阻止して、後白河の政治介入を阻んだ。長寛年間は後白河の院政が実質的に停止していた時期で、二条天皇は積極的な親政を行った。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

長寛の関連キーワード伊東長〓(「九」の下に「十」、左下に「百」、右下に「斤」)寇する・仇する・冦する喜多十大夫長経喜多七大夫宗能藤原季兼(1)八条院坊門局大中臣親隆静恵法親王三十三間堂二階堂行光伊岐致遠女相良頼徳六条天皇平家納経安倍季政伊東長裕足利忠綱岡部長職災異改元藤原伊通

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長寛の関連情報