結願(読み)けちがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結願
けちがん

仏教用語。期間を定めて法を修する場合,その修行の完了すること,またその最終日をいう。修行の最初にその修行の趣旨願い事を述べる開白 (かいびゃく) の対。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けちがん【結願】

〘仏〙 日数を定めて仏に願をかけたり、修法ずほうをしたりするときの、最終の日。また、その日の作法。 ⇔ 開白かいびやく
行事が終わること。興行などが終わること。千秋楽。けつがん。 「明十八日堀江の勧進相撲の-/浮世草子・好色敗毒散」

けつがん【結願】

けちがん(結願)」に同じ。 「 -ジャウジュスル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けち‐がん ‥グヮン【結願】

〘名〙
① 仏語。日数を定めて行なう法会や修法を終えること。また、その最終日やその日の作法をもいう。転じて、俗に彼岸の末日をいう。
※日本往生極楽記(983‐987頃)延昌「平生常日。先命終之期。欲三七日不断念仏。其結願之日。我入滅之時也」
② 日数を定めて行なった講義などが終わること。また、その日。
※草根集(1473頃)一二「将軍家にて講ぜし光源氏の物語談儀、去廿二日結申たる悦とて」
③ 行事が終わること。興行などが終了すること。千秋楽。
※浮世草子・好色敗毒散(1703)一「明十八日堀江の勧進相撲の結願と一時に、大夫さま此里の東の関を御出の手筈極めて」
④ 心に誓うこと。決意。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「自分の胸の中に自然に出来上らしてゐた結願(ケチグヮン)を思ひ出して」

けつ‐がん ‥グヮン【結願】

〘名〙 =けちがん(結願)①②〔文明本節用集(室町中)〕
※天理本狂言・忠喜(室町末‐近世初)「明日はけつぐゎんで身どもか参る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結願の関連情報