コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結願 けちがん

5件 の用語解説(結願の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結願
けちがん

仏教用語。期間を定めて法を修する場合,その修行の完了すること,またその最終日をいう。修行の最初にその修行の趣旨や願い事を述べる開白 (かいびゃく) の対。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けちがん【結願】

〘仏〙 日数を定めて仏に願をかけたり、修法ずほうをしたりするときの、最終の日。また、その日の作法。 ↔ 開白かいびやく
行事が終わること。興行などが終わること。千秋楽。けつがん。 「明十八日堀江の勧進相撲の-/浮世草子・好色敗毒散」

けつがん【結願】

けちがん(結願) 」に同じ。 「 -ジャウジュスル/日葡」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結願の関連情報